ガレージキット製作~レジン削りと彩色のブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
07/30のツイートまとめ
2015-07-31 Fri 03:03
hiband_beta

[紹介][モデル] 竜人(リューノス) 風見みずほ 水着Ver.1 (べーたまっくす) #TINAMI http://t.co/sgbkbSYQta
07-30 12:08

[紹介][モデル] ボークス 御手洗優奈 (べーたまっくす) #TINAMI http://t.co/q6BeVyKvod
07-30 12:08

[紹介][モデル] チェリーブロッサム 保科智子 (べーたまっくす) #TINAMI http://t.co/sS4cHNOsr2
07-30 12:07

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
秋月電子のキット BB-Shoutをラジカセっぽく仕上げてみた
2015-07-22 Wed 19:47
ホントに久しぶりの更新。

わはは…この1,2年ぐらいガレキほったらかしw
仕事に少しでも余裕が出来ればなぁ…

こんなものも作ってますよ、ってことで電子工作ネタ。
インターネットラジオの受信機なるものを自作してみた。

DSC_0292.jpg


秋月で買ったキットのBB-Shout、これをベースにラジカセっぽい運用をめざして製作。
筐体ひとつで完結させたかったんで、アンプ回路、スピーカ、無線LANコンバータ等々ぜんぶ詰め込んだったw
電源回路も内蔵したんで、ACアダプタ不要の100V直接入力。
AC-DCコンバータ基盤、インピーダンス整合回路基盤、デジタルアンプ基盤、VUメーターアンプ基盤、イーサネットコンバータ…ご覧のとおり中はグチャグチャの配線ジャングル状態w
DSC_0291.jpg


ケースは富士シャーシ製
スピーカーはハードオフ泉南店にジャンクで転がってたヤマハの5.1chシステムのもの。
VUメーターはデジットで購入

ほとんどの部品は日本橋のパーツ屋で賄えたんだけれども、無線LANのアンテナ延長ケーブルだけは通販で購入。
部品調達の過程ではじめて知ったこと…同じSMAコネクタなのに、いわゆるアマ無線機と無線LAN機器で芯線のオスメスが逆なんだよな…
共立電子とかで扱ってる自作コネクタはアマ無線機向けのもので、これだけは日本橋にパーツが無かった。

別に狙ったわけじゃないけど、デザインが70年代のBCLラジオみたいでしょ。
電源スイッチもわざわざネオン球の照光スイッチを選択。
ツマミはこだわりのREX
そして何よりも…オッサンの憧れ、VUメーターに淡く輝く電球の光…


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
今日は仮組みまで
2013-04-28 Sun 02:21
ようやく仮組み終わったんで画像アップ。


仮組み

パーツ数わりと多め。アホ毛とか装飾品系の細かいパーツが多いんで強度確保のために軸打ちしまくり。

とりあえず背中でヒラヒラしてる上着、これの位置合わせと取り付け方法にひと苦労。
造形的には右手で引っ掛けて背中で靡いてる状態。
実物なら布なんでヒラヒラでも…レジンに置き換えたフィギュア、おそらくこれ本体の総重量よりも重い。
ボリュームのある造形なんでレジンをふんだんに使ってるんだコレガ。
そんな超重量級パーツを造形上右手一本で支えるってコレ…いや不可能だろ。
やむをえず背中に2ミリ真鍮線で軸打って、腰あたりにこれも2ミリ真鍮線で支え棒を打った次第。

もうひとつは袴。
下半身仮組み後の所感…これ塗装後の組み立ては不可能だろ。
だってコレ、袴パーツの分割線がマズいのか組み立てのときにどうしても肌色塗装面と擦れちゃう。
こりゃ分割線変更の大手術かなぁ…まぁキャストオフ可能になるっていう副次的要素もあるわけですが。

今日の制作はここまで。
お次はチマチマと大手術でも敢行しましょうか。



別窓 | 鉄虎竜 関羽 | コメント:0 | トラックバック:0
製作ちゅう
2013-04-24 Wed 22:38
4月に入ってから鉄虎竜さんのところの関羽つくっとります。

まだ軸打ちの段階、仮組みも終わっちゃいない。

画像付きの投稿はまた後日ということで…
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
今日は文房具改造の話しなんぞを…
2013-02-22 Fri 02:52
久しぶりの投稿。仕事で愛用してる改造ペンのことなど。


生来のけっこうな文具好きで、ハンズやロフトでは必ず文具売り場に立ち寄ったり。
天王寺って街の規模のわりに文具を扱ってるお店が多いんですよ。
たまに舶来モノの文具を求めて心斎橋や本町あたりまでブラブラしたりも。

そんな現在愛用のボールペン、あらゆる筆記具を購入→弄り倒して試行錯誤の末に落ち着いた結果。
自分なりに組み替え改造した「現場仕事特化仕様」
それがこれ↓。ベースはゼブラのSARASA2+1。



ちょっとアピールポイントなんぞを。
1、書き味サラサラでくっきりした発色のジェルインクボールペン。その多機能モデル。
    思うにSARASAの書き味は至高。職場支給ボールペンは普通の油性なんだもの。
    仕事がら黒赤の2色は必須。ちょっとした備忘録メモに使える鉛筆書きも必須。
    そしてノック式。ノックレバー3つぐらいだったら指が位置を覚えてるんで、
    胸ポケットからサッと出せてすぐ筆記に移れるその即応性。
    これに慣れると、振り子式や回転式は両手を使っての持ち替え動作が必ず
    入るんで使いにくい。
2、ゼブラ曰くのポケットセーフ機構
    胸ポケット収納メインならある意味必須でしょう。クリップ部と連動して
    軸が自動で引っ込む機能。
    ノック式多機能ペンにこの機能があるのってこのモデルぐらいかな?
    振り子式ならロットリングの4in1とか。回転式は構造上無理か。
3、現場仕事向きな適度な安っぽさ。
    契約書とかの高尚な書類に署名するわけじゃない。
    いわゆる現場筆記で嫌味にならない適度な安っぽさ。


で、以下改造ポイント。



ペン先をラバーグリップからクリップオンマルチ2000のそれへと換装。

昨今の低価格帯、仕事で気軽に使えるペンはなんで揃いも揃ってラバーグリップなのか。
収納場所が胸ポケットな人はこれが布地に引っかかって非常に出し入れしにくい。
そこでクリポン2000とサラサ2+1、同じメーカーだからか軸径が同じ。ついでにネジピッチも同じ。
で組み替えてみたんだけど長さがちょっと合わない。
クリポン2000を潰す覚悟を決め2ミリほどのスペーサーを切り出して装着。おぉぴったり。
純正軸(JK-0*芯)が長さ調整しなくてもそのまま装着可能。




そしてこちら。シャーボ用0.7ミリシャープユニットを装着。
鉛筆書きは備忘録や引継ぎメモがメインなんで大きな太い字のほうが適だからね。
でもこれだったら0.3ミリも装着可能だよな。ノートにカリカリ文字書き用。
シャープ軸を4C金属軸に換装してるんで剛性アップにも。ノックが心地いい。


ということであらゆる条件
●顔料ジェルインク
●多機能かつノック式ペン
●シャープは非サイドノック
●引っ掛けやすくて頑丈なバインダークリップ
●収納時に芯が自動的に引っ込む機能
●非ラバーグリップ
●0.5ミリより太いシャープが使える

この条件をすべて満たした究極のこだわり仕様ペンでした。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| この世に果たしてロマンはあるか、人生を彩る愛はあるか。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。